裂イベント情報裂
米多浮立

■開催日
 10月25日前後の
 土、日曜
■場所
 老松神社

米多浮立は、町を代表する祭です。江戸時代中頃より米多地区の老松神社に伝えられ、現在は県の重要無形文化財にも指定されています。本来は、干ばつによって被害がでないよう雨乞いをして豊作を祈願する祭ですが、踊り手が頭に高さ2メートルにも及ぶ大きな三日月のかぶりものをして荘厳かつ華麗な舞を捧げるさまは、秋の風物詩となっています。また、子供達も様々な衣装を身にまとい昔から伝わる道具をもって鐘や太鼓で盛り上げます。現在では、米多地区を中心に二年に一度、十月頃に行われますが、独特の音色の鐘の音や太鼓の音が響き出す頃には、稲穂は黄金色に輝き、刈り取りの時期を迎えます。

憐もどる
戀ホーム