全国展開

神埼市の小規模事業者新事業全国展開支援事業の計画

神埼市商工会

概要

平成18年3月、旧神埼町・千代田町・脊振村が合併し神埼市が誕生しました。神埼市は脊振山頂から有明海まで城原川を中心に豊かな自然環境に恵まれ地域を育んできており、今後それぞれ異なる地域資源を融合した観光資源の開発に大きく期待が高まっているところであります。

神埼市ではこれまでも各々の地域で地域活性化への取り組みも行われてきておりましたが、町村合併したことにより地域が広域化しひとつの行政区域で長時間滞在型の観光が可能となってきました。

また、近年観光のありかたも変化し、地域との触れ合いが求められるようになってきております。
そこで、新たな観光ルートの開発により交流人口の拡大を図り、特産品の開発及び名物料理を開発することにより地域産業の活性化につなげていきたいと考えております。

具体的事業

  1. 新たな観光ルートの開発
  2. 長時間滞在型の観光として体験型観光が考えられる。農産物の収穫や物づくりの体験は人々に感動を与えてくれる。農林漁業、食品加工、創作・文化の体験や自然観察等のルート開発を行う。

  3. 新たな特産品の開発
  4. 神埼地区には山菜から海産物までさまざまな産物が生産されている。それらの産物を使い、加工食品等より付加価値を付けた特産品の開発を行う。

  5. 新たな名物料理の開発
  6. 観光の楽しみのひとつとして地域での飲食があげられるが、残念ながら神埼地区には観光客が楽しめる飲食店が少ないように感じられる。地域の特産品と融合した観光の目玉となる名物料理の開発を行う。