特定退職金共済

(全国商工会連合会・委託保険会社 大同生命保険相互会社

従業員の福利厚生はまず「退職金制度」の確立から

  • 掛金       … 1口1,000円で1人30口まで加入できます
  • 掛金の負担   … 全額事業主負担
  • ※この制度に加入する場合は、全従業員を加入させるようにしなければなりません。
       事業主、役員、事業主と生計を一にする親族は加入できません

税制上のメリット

  • 事業主が負担する掛金は1人月額30,000円まで必要経費又は損金に算入。    従業員の給与の上積みにもなりません。

退職金制度の確立

  • 大企業並みの退職金制度が容易に確立でき求人対策、従業員の意欲向上、定着化に役立ちます。

給付金

  • 退職一時金
  •     『退職一時金』=『基本退職一時金』+『加算給付』
       加入従業員が退職したときに、掛金月額と加入期間に応じて支払われます。
       加算給付は毎年の運営実績に応じて加算されます。
  • 遺族一時金
  •    加入従業員が死亡したとき遺族に支払われます。
       死亡時の退職一時金の額に、加入口数一口あたり一万円を加えた額です。
       ただし、加入者が65歳以上で死亡した場合は、退職一時金と同額。
  • 退職年金
  •    退職者の希望に応じて年金払いにすることができます。
       10年間にわたって、年4回(3・6・9・12月)支払われます。

      ≪条件≫  加入期間10年以上
    年金の月額が2万円以上
    ※受取人は被共済者(加入従業員)です。本人が死亡のときには、労基法に定める遺族補償の順位によります。

    掛金月額1口1,000円の場合(参考)
加入期間 掛金累計 基本退職一時金 遺族一時金 年金月額
1年
12,000
11,320
21,320
10年
120,000
121,580
131,580
1,100
15年
180,000
189,900
199,900
1,720
20年
240,000
263,790
273,790
2,390
※途中で解約した場合でも、解約手当金を被共済者(加入従業員)にお支払します。