観光情報

-1- 神埼地区

神埼市商工会特産品開発商品

・神埼四季彩(しきさい) 【製造・販売先】 
 旧テ賀製麺 TEL0952-52-2962
 笈苡辮サ麺 TEL0952-52-2625
 脊振山系を源流とする清水と肥沃な佐賀平野。そんな自然環境に恵まれた神埼には全国にしられる神埼麺があります。
 その歴史を約370年前に遡る神埼麺には、やなぎ葉と呼ばれるパスタに似た麺があり、土地の人々はおやつ代わりに食べていたようです。
 神埼の四季をモチーフにした四季彩は良質の佐賀県産小麦粉にこだわり、職人伝承の技術でひとつひとつ手作りで仕上げました。
 1箱(4種類〈よもぎ・いちご・にんじん・紫芋>×3袋)3,150円
 1袋(40g) 262円 
・どかんとう 【製造・販売先】
 神埼町食生活改善協議会
 神埼は370年前から続く神埼麺の産地です。
 そのうどんをスナック感覚で気軽に食べられるようにと、食生活の改善を進めている地元のおばちゃん達が、地元製麺メーカーに原料を特別注文してつくりました。 手作りで安心してドカンと食べられます。
 黒糖・抹茶・カレー・コーヒー・シナモンの5つの味を揃えた「どかんとう」をドカンドカンとお楽しみ下さい。
 詰合せ1袋(黒糖・抹茶・カレー・コーヒー・シナモン×各30g)420円
 各種(60g)105円

その他の特産品

神埼そうめん
神埼そうめん

ニューめん
 コシの強さとツルッとしたのどごしで全国的にも有名な神埼そうめんは、370年の歴史を誇る。現在、機械そうめんとしての生産量は全国第3位。普通のそうめんのほかに、梅や玉子、よもぎ入りのものや、葛そうめんなども作られている。平成5年からは温かいそうめんともいえる「新麺(ニューメン)」を発売。インスタントラーメンのようにゆで汁を捨てずに作れるタイプで、麺がのびにくいのが特長だ。農林水産大臣賞を受賞。

神埼そうめん300g×6 1,575円 
新麺一箱(70g×3) 525円


■所在地 神埼町大字田道ヶ里2536-7
■問合せ 神埼そうめん協同組合
■TEL (0952)52-1239
神埼地区製麺業

製造元

所在地

連絡先

井上治三郎製麺 神埼町4丁目593 TEL.(0952)52-2046
(有)井上製麺 神埼町大字的1779 TEL.(0952)52-2625
(有)太田製麺 神埼町大字鶴2270 TEL.(0952)52-2991
(有)古賀製麺 神埼町大字本堀3263 TEL.(0952)52-2962
(有)多々良製麺 神埼町3丁目497 TEL.(0952)52-2403
(有)船津製麺 神埼町4丁目570 TEL.(0952)52-2802
ヤクルト食品工業(株) 神埼町大字城原3860 TEL.(0952)52-3205
伊之助製麺(株) 神埼町鶴2505 TEL.(0952)53-1781
(株)麺物語本舗 神埼町横武 TEL.(0952)52-3174
大久保製麺 神埼町神埼268-11 TEL.(0952)52-2456
肥前尾崎日の隈窯
肥前尾崎日の隈窯
 陶芸家の勝田文博さんが、身近な草花をモチーフに和紙で形を作り、その上から色をつけ るという和紙染めで作っている陶芸品。土も絵具も地元のものを使っている。淡い茶色の色調と素朴な草花の絵がなんともやさしく味わい深い。平成8年にギャラリーもオープン。年に1回久留米と福岡で個展も開かれている。お湯のみ3,000円〜。

■所在地 神埼町大字尾崎4555-1
■製造元 肥前尾崎日の隈窯
■TEL (0952)53-3018
■営業時間 ギャラリー 9:00〜18:00
■定休日 日曜日の午前中
尾崎人形
尾崎人形
 元冦の折に囚われの身となった蒙古人たちが伝えた素朴な人形。別名テテップー。地元の田んぼからとった土を原料に型をとり、2週間乾燥させる。その後、集落で手作りした窯で焼きあげ、ベースの白色を塗った後、岩絵具で鮮やかな色をつけていく。やわらかな音色が特徴的な鳩笛や、子守人形、ふくら雀など全部で20種類以上ある。1個500円〜。

■問合せ 神埼町観光協会
■TEL (0952)52-1111