たろめん ごめんなさい。この味はここでしか味わえません。

大町たろめん

大町たろめんとは・・・

高度成長期、大町町は「杵島炭鉱」の炭鉱町として栄えました。

当時、炭鉱マンに愛されていたのが「たろめん」です。
牛骨等を使用し、しょうがの味がきいた独特のスープが特徴で、うどん麺に豚肉やキャベツなどの野菜がたっぷり入っていました。

昭和39年に先代の味を引き継いだ山本夫婦が平成12年まで「たろめん食堂」として営業。その後、店は閉店し、たろめんも町から消えてしまいました。

しかし、「あのたろめんをもう一度食べてみたい」という声が多く聞かれました。その幻の味をまちづくりに活かすため、有志が立ち上がり、復活させたのが、「大町たろめん」です。

たろめんは大町の歴史がつまった大町でしか味わえない昭和の味。

ぜひ、大町町でご賞味ください。

炭鉱マンにこよなく愛された
大町のソウルフード、
「たろめん」。
昭和の味が今、新しい!

かつて昭和の時代、炭鉱町として栄えた大町町で炭鉱マンに
愛された「たろめん」。当時の味を継承した唯一のお店が閉店した
後、一度途絶えました。しかし、「たろめん」の復活を望む声に、
町内の有志が一念発起。秘伝のレシピを教わり試行錯誤の末、
2010年、ついに「大町たろめん」として復活したのです。

牛骨ベースのスープに
しょうが風味が
アクセント。
多彩な具材も楽しめる一杯。

  • 細うどん麺

    ◎細うどん麺

    ツルツルとしてやや平べったい細うどん麺を使用。スープとベストマッチの相性で主張しすぎず、やさしい食感です。

  • 牛骨のスープ

    ◎牛骨のスープ

    ベースは牛骨を長時間煮出して作るスープ。これに鶏ガラ、豚の頭肉、えび、野菜、調味料などが加わり味わい深いスープになります。

  • 豚の頭肉

    ◎豚の頭肉

    小さなサイコロ状の豚の頭肉。だしとしての役割をしっかりと果たし、なおかつ具材としても活躍しています。

  • しょうが

    ◎しょうが

    濃厚なスープの味と調和しながらもキリッと風味を引き締めるすり下ろししょうが。各店の調理法や時季により風味も異なるのがポイントです。

基本に忠実に。でも、それぞれの「たろめんの味」がある

  • 東食堂

    東食堂

    なじみの常連客も多い。
    朗らかな母さんの味。

    昭和59年に国道沿いのお店としていち早く開店。現在、店主の伊東敬子さんは娘の亜紀子さんと一緒に、お好み焼きやちゃんぽんなどを提供。「この味でないと」という常連客も多く、訪れる人のお腹も心も満たしています。伊東さんが作るたろめんは、口が広めの丼にたっぷりと入った、ボリュームある一杯。真えびを使って海鮮のだしを生かすなどの工夫も特徴です。長年愛される「母の味」はたろめんにも発揮されています。

    • 東食堂1
    • 東食堂2
    • 東食堂3

    最初に真えびを揚げ焼きにします。その後、野菜を炒めます。そうする事によりえびのエキスと野菜の旨みが合わさって更に風味豊かに仕上がります。

    東食堂

    たろめんがきっかけで
    お店を知ってもらえました。

    開店当時はこの辺りに飲食店はほとんどありませんでしたが、今はだいぶにぎやかになりました。ドライブの途中の昼食など、たろめんがきっかけで通ってくださるお客様もいて嬉しいです。人生で一度は食べてもらいたいですね。

    東食堂

    東食堂

    東食堂

    基本情報

    住所/
    佐賀県杵島郡大町町大字大町5966
    電話番号/
    0952-82-2406
    営業時間/
    12:00~14:00(OS13:30)
    16:00~18:00(OS17:00)
    定休日/
    日曜
    価格/
    650円
    駐車場/
  • 家族庵

    家族庵

    家族でしみじみと味わいたい、
    懐かしの味と空間。

    家族4人とスタッフで営む食事処。気さくな接客に心温まります。元はうどんが中心でしたが、今は定食や丼も提供。「おじやうどん」は名物です。国道34号沿いにあり、休日の昼時には小上がりもある広い店内が満席になるほど。2代目店主の鈴山謙介さんが作るたろめんは朝から閉店まで牛骨スープを10時間ほど煮込み、うまみがたっぷりでまろやか。しょうがは粗めにおろして風味だけでなく素材感も楽しめる工夫をしています。

    • 家族庵1
    • 家族庵2
    • 家族庵3

    豚の頭肉から具材を順番に炒めます。粗めにすり下ろしたしょうがは季節により量を調節。黒い丼、木じゃくしで食べるスタイルは郷愁をかきたてられます。

    家族庵

    塩気を調整し、
    やさしい味に仕上げています。

    子どもの頃に一度だけ食べたたろめんの味を試行錯誤しながら再現。塩気が濃かった当時に比べ、今はその7割くらいで調節しています。うどん麺はそうめんの生産で知られる神埼市から取り寄せ、スープによくなじむよう茹でておいたものを使用しています。

    家族庵

    家族庵

    家族庵

    基本情報

    住所/
    佐賀県杵島郡大町町上大町978-1
    電話番号/
    0952-82-3497
    営業時間/
    11:00~14:30(OS)
    17:30~20:30(OS)
    定休日/
    火曜
    価格/
    700円
    駐車場/
  • さんゆうし

    さんゆうし

    永年地元で愛されてきた老舗店。
    思い出の一杯を再現。

    旧長崎街道本通り商店街の中にある大正9年開業の食事処。定食や丼の提供のほか、お弁当の注文にも応えるなど地元の人に親しまれています。昔、自分自身もよく食べていたという4代目の峰洋子さんが作るたろめんは、当時の味のイメージを大事にした一品。夫の博美さんは「食べた後にごはんを入れてもおいしいですよ」と初めてのお客様にも明るく接し、「奥まった場所にありますが、気軽に来店してもらいたい」と話します。

    • さんゆうし1
    • さんゆうし2
    • さんゆうし3

    牛骨や鶏ガラのうまみがとけ込んだスープは一晩ねかせさらに3時間ほど炊きます。殻ごと食べられる有明海の真えびやつるつるとした熊本産の乾麺を使用。

    さんゆうし

    昔の味を知る人からは
    「懐かしい」と言われます。

    お肉から脂が出るので、ラードを使わずスープに浮き出る牛脂を少しだけ使います。その分だしは濃い目にとり、お客様には「昔の味に近くて懐かしい」と言ってもらえます。自家製の鷹の爪はたろめんとよく合い、やみつきになる方も。

    さんゆうし

    さんゆうし

    さんゆうし

    基本情報

    住所/
    佐賀県杵島郡大町町福母417
    電話番号/
    0952-82-2108
    営業時間/
    12:00~14:00(夜は要予約)
    定休日/
    月曜
    価格/
    650円
    駐車場/
  • 福母食堂

    福母食堂

    大町の玄関口で気軽にランチを。
    当時を思わせるこってり系。

    JR大町駅前「おおまち情報プラザ」内にあり、お買い物やランチができる便利な立地。県外の元炭鉱マンが訪れるなど町外からの来店も多く、店主の藤瀬健一郎さんは多くの意見を聞きながら自分なりの味を確立しています。少しとろみのあるスープ、濃いめの味が特徴。ウスターソースやお酢などで味を変えて食べる楽しみも案内し、たろめんを広めています。定食のほか、食べ盛りの若者に嬉しいたろめんのセットメニューもあります。

    • 福母食堂1
    • 福母食堂2
    • 福母食堂3

    玉ねぎはできるだけ佐賀県産のものを使い、麺も神埼産です。牛骨スープの上ずみの脂を少しとり入れ、とろりと深みが増したスープに仕上げています。

    福母食堂

    他にはない「たろめん」。
    ぜひ一度食べてみてください。

    牛骨スープは全ての具材を煮込んだ後に、より旨みが深くなりその完成された味に感動します。当時は炭鉱マンが酒のつまみにしたりソースをかけて食べたりしたそうで、私は唐辛子をたっぷり入れた食べ方が好きですね。

    福母食堂

    福母食堂

    福母食堂

    基本情報

    住所/
    佐賀県杵島郡大町町福母297-4
    (おおまち情報プラザ内)
    電話番号/
    0952-82-2500
    営業時間/
    11:00~14:00(OS)
    定休日/
    月曜
    価格/
    650円
    駐車場/