地域情報

海産物 特産品情報


『豊かな海の幸』

名物の竹崎かにやタイラギはもとより、クルマエビ、アゲマキ、スズキ、タコなど、太良町は、海の幸の宝庫です。

タイラギ写真



カニシュウマイ写真



カマボコ写真



海苔摘み写真



アサリ写真



カキ小屋写真
タイラギ

タイラギは有明海に生息する大型の二枚貝で、大きさが30cmを越えるものもあり、貝柱は特においしいと観光客にも評判です。
大浦地区の漁業が発展する基盤をつくったのがタイラギ漁だといわれています。
潜水漁法によって漁獲されたタイラギは、東京や大阪方面にも出荷され、今でも多数の潜水夫が登録されています。
タイラギの加工品として貝柱の粕漬け、びらの粕漬けなどがあり、おみやげに人気です。

カニシュウマイ

竹崎カニの身をすりつぶして練り込んだ名物シュウマイ。
シコシコとした歯ざわりとカニの風味が絶品です。

カマゴコ

特産のたらミカンで作ったマーマレードを練り込んで作ったカマボコ。
ほのかな未完の香りが生きています。

シャコ

有明海では、クルマエビやシバエビなどの刺し網に一緒にかかっていることが多いのがシャコ。すし種としては有名ですが、塩ゆでや煮付けにしてもイケます。

クルマエビ

有明海で獲れたクルマエビは、身がよくしまっていると評判。
航空便で東京の築地市場へ出荷され、江戸前ずしのネタなどに使われています。

海苔

有明海でとれる海苔は日本一の品質と生産量を誇っています。その艶のよいパリッとした海苔には、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれ、健康食品としても注目されています。

海苔摘み

太良町海苔養殖は、昭和28年に太良沖で始まり、その後、各地区に広がっていきました。
冬になると、有明海の干潟に無数に建てられている海苔ヒビでは、早朝から大勢の漁師さんが海苔摘みに精を出す姿が見られます。

アサリ

太良町は、殻が薄くて大粒のアサリの宝庫。味噌汁の具として、またバター焼きにして、潮の香りと一緒にいただくのが最高です。

カキ(カキ小屋)

まるで漁師料理のように、とれたてのカキを豪快に焼いて食べれるのが「カキ小屋」。
軍手に鉄ばさみを持ってカキの殻を割りながら食べる野趣あふれる風情と味を楽しめます。


CLOSEボタン

HOMEへ