地域情報

伝承芸能 観光情報


竹崎観世音寺修正会鬼祭写真
竹崎観世音寺修正会鬼祭

毎年、1月2日〜3日に催され、俗に鬼祭や裸祭と呼ばれています。3日早朝に行われる後夜の行では童子舞が披露され、鬼追いとなります。赤い着物を着た鬼副が鬼箱を持ち出し、ふんどし姿の男たちがぶつかりあう様は圧巻です。





太良嶽神社秋祭写真
太良嶽神社秋祭

毎年9月の第2日曜日とその前日、氏神様に五穀豊穣を感謝して浮立の舞を奉納します。ある年、浮立の奉納を行わなかったところ、境内の石祠にヒビが入ったとも伝えられています。




流れ灌頂写真
流れ灌頂

竹崎観世音寺に400年以上伝わる祭り。竹崎の沖合いを巡る数十隻の漁船が鐘や太鼓を打ち鳴らし、お経を唱えながら先祖の菩提を弔い、海の安全を祈願します。




白狐踊り写真
白狐踊り

明治初年、この地に祖先の入植を指導し救った岸川松南氏に感謝する祭りの中で舞われるのが白狐踊り。当日は岸川家の子孫を招待し、神酒を出してもてなします。




泥餅つき写真
泥餅つき

秋の彼岸の終わりの日に開催される祭りで、裸姿の青年たちが臼の周囲をぐるぐると転びながら回っては餅をつき、つきあがった泥餅を薬師如来に供えます。




御手水の的射り写真
御手水の的射り

御手水部落では、毎年1月8日、御手水権現さんの下の大銀杏のある的場に集まって、古い伝統ある「的射り」という祭を行ないます。
神酒神食(みきみけ)を神前に供えて、初祈 祷を行ないその後、青竹と「かずら」で作った弓に、青竹の矢をつがえ「東西南北」と書いた「エイ」という的と「鬼」と書いた的を射ます。


CLOSEボタン

HOMEへ