トップページ
観光情報

■うれしのについて
■名所案内
■史跡めぐり

観光MAP
おみやげ案内
飲食店情報
イベント案内
宿泊案内
アクセスMAP
髪の痛みに効くツボの解説:
頭のてっぺんに位置します。中指の腹でじわじわと刺激します。頭部の血行がよくなって肌の色つやにも効果的です。

立石展望台

海抜345mの展望台は、東南に多良岳山、北に天山、また眼下に有明海、 嬉野町を一眺することができます。

西公園

温泉街の西方に位置する丘は権現山と呼ばれ、昔の湯野田城址です。

散歩道は多くの人々に愛され、特に春から初夏にかけての桜や藤が人々の目を 楽しませてくれます。


大茶樹

樹齢330年をゆうに超え、枝張り約80?、樹高約4.6mを誇る大茶樹は、 お茶どころ嬉野のシンボルのひとつ。

この大樹は慶安年間(1648〜1652年)、嬉野茶の祖・吉村新兵衛が 栽培した中の一本とされ、国の天然記念物にも指定されています。


滝の観音

その昔、孝行者の悟一がこの滝の観音様に祈願し続け父の病を治した という伝説があることから、広く人々に親しまれ今も参拝者は少なくありません。

広川原キャンプ場

どこまでも続く緑の林、キラキラと降り注ぐ木漏れ日、 そして爽やかに吹く涼風の中に佇んだ湖。

豊かな自然に囲まれた湖のほとりに整備された広川原キャンプ場があります。

夏のシーズン中は、若者や家族連れで大変賑わい、また四季を通して、 自然の散策を求めて訪れる人も少なくありません。


轟の滝

流れ落ちる水の音が、雷のように轟くことからその名がついた轟の滝。

高さ11m、滝壷の面積は2500?、平坦地の滝にしては珍しい 大規模なものです。周囲には遊戯施設を備えた公園も。


大野原高原

大村湾が一望でき、爽快なロケーションが広がる大野原高原は、 わらび採りや栗ひろいなど四季折々の楽しみ方ができる場所。

また面積約600ヘクタールの広大な地で行う春の野焼きは、 西日本一の規模ともいわれています。


記念広場

昭和62年5月24日に開催された第38回全国植樹祭跡地です。

中央には昭和天皇お手植えのヒノキがあります。


みゆき公園

総面積約42ヘクタールの広大な敷地は一面に芝生が植えられ、 周囲は豊かな緑がいっぱい。

さらに運動・遊戯施設も充実しており、 家族連れには最適なレジャースポットです。


シーボルトの「あし湯」

シーボルトが旅の疲れをいやした嬉野の湯

日本の西洋医学に貢献したシーボルトが嬉野温泉に立ち寄ったことにちなんで造られたもので、湯遊広場の一角にあり、足を温泉に浸すことによって、肩こり、足のむくみ、痛みなどをとると言われています。


肥前夢街道

江戸時代の長崎街道を再現した、歴史型テーマパーク。

学ぶと遊ぶが同時に体験できるよう、趣向をこらした施設が盛りだくさんに備わっています。

「俵坂の関」を再現した関所大人気施設「忍者屋敷」